暮らしに役立つ日記

初めて脱毛する人におすすめ

たまたまミュゼプラチナムのちらしを目にして、その値段の安さにびっくりしました。
期間限定でウェブ予約した人のみですが、両ワキ完了コースがなんと600円という安さでした。
過去に数万円で脱毛していた時代もありましたが、今はこんなに安いんだと興味をひかれました。

初めて脱毛サロンを使う時はいろんな不安があります。
まず値段が気になりますよね。
やはり初めて脱毛するなら安いところでお試ししてみたいものです。

その点、ミュゼプラチナムは千円以下で両ワキ処理できるので、お試し感覚ではじめられるのがいいですね。
しかも、満足するまで何回でも脱毛できる、というのがすごいです。
これは脱毛の効果に自信がないとできないことですよね。

初めて脱毛する人が他に気になることといえば、肌への影響がないかではないでしょうか。
脱毛して肌トラブルを起こしたという話を聞いたこともあるので、
肌の弱い人は不安に感じやすいかもしれません。

ミュゼプラチナムでは脱毛前に塗るジェルで肌をいたわり、脱毛後のトリートメントはプラセンタ配合のミルクローションを使用します。
肌にやさしい脱毛ですが、不安な人はカウンセリングの時にしっかり伝えましょう。

ミュゼ ワキ以外

脱毛サロンに行ったのは、かれこれ6年前だ。
きっかけは結婚が決まったこと。
ワキの処理が面倒でうまくいかなくて…、当時はデート前は特にお風呂の時間が長かったなぁ(笑)

学生時代からずっと永久脱毛に興味はあったのだけど
なかなか勇気が出なかった。
(痛そう!とかしつこい勧誘されそう!とか)

でも結婚が決まり…
いやでも露出の多いウエディングドレスを何の心配もなく堂々と着たい!
と勇気をふりしぼって脱毛サロンに行った。

もちろんネットで安心丁寧なお店をリサーチ。
永久保証付きで両ワキ6万ポッキリだったような。

結果、恐怖していたほど痛くなく
心配していた勧誘も全くなく
数回通っただけでツルツルのワキを手に入れることができた。

もう脱毛前の自分がほとんど思い出せないが
鏡で見ながら毛抜きで1本1本抜く作業…
考えられない。
二度と戻れない。戻りたくない。

面倒な処理もいらないし
処理のしすぎで黒ずむこともないし
夏の電車のつり革にも躊躇なくつかまることができる。

このストレスフリーな現在を考えれば
6万なんて安いもの!
と改めて思う。
続きを読む≫ 2013/12/09 10:44:09
足の裏は体重がかかる部分なので、防御反応が働き、角質が硬く厚くなります。これを「タコ」といい、手の指にできる「ぺンダコ」と同じものです。

とくに足の裏には皮脂腺がないため、乾燥しやすく、お手入れをしていないと皮膚がどんどん厚くなってきます。厚くなりすぎると、乾燥してひび割れしてくることもあります。「厚くなってきたな」と感じたら、入浴して皮膚がやわらかくなったときに、軽石で表面をこすり、余分な角質を落とすようにしましょう。

そしてお風呂上がりに、肌を保湿すると同時に古くなった角質をとり除く働きのある「尿素」を配合したクリームを塗り、乾燥を予防します。

このようなお手入れをまめにしておけば、ひび割れなどにはならないでしょう。また、化繊の靴下やホットカーぺットは、足の皮膚をより乾燥させるので注意しましょう。

脱毛ラボ 町田|月額制の新プラン登場【店舗情報】
続きを読む≫ 2013/06/09 19:20:09
最近は、洗わないスキンケアというのがはやりのようで、朝は水ですすぐだけとか、夜はクレンジング料でふきとるだけ、などという人もいるようです。しかし、肌に残った油分は酸化されて老化の原因になります。

やはり、朝晩石けんで洗うことは、美肌の基本です。洗顔で油分が落ちてしまっても、スキンケアで補えばよいことなのです。古い油分を残しておくよりも、そのほうがはるかに衛生的です。では、どのように洗うのがよいのでしょうか。ポイントは「泡」です。洗顔料は、肌にのせるだけで、汚れを浮き上がらせてくれます。洗顔料を顔全体に、肌をこすらずになじませていくには、たっぷりの泡を使うことが必要になります。

洗顔料をたっぷり泡立てたあと、その泡を、指と顔の皮膚の間のクッションにした状態で洗っていきます。顔が卵だったらと考えて、割らない程度の力で洗うといいでしょう。顔のなかでも皮膚が強い額を含むTゾーンから泡をのせて、なじませていきます。つぎに、頬などUゾーンに泡をのせてなじませ、最後にもっとも皮膚が弱い目もとと口もとに泡をのせて、やさしくなじませます。

すすぎはぬるま湯を使って丁寧におこないます。すすぐときに、肌に油が残っているかどうかは、指のすべりでわかるはすです。Tゾーンに油が残っているときは、Tゾーンだけ軽く2回洗ってもよいでしょう。鏡で顔に泡が残っていないか確認したあと、タオルで肌を軽く押さえるように水気をとると完了です。
続きを読む≫ 2013/06/04 22:15:04
ツルンと瑞々しい日本中女性の肌は他の国の女性がっ見てもとても魅力的です。その美しさの秘密は「キメの細かさ」にあります。自分の肌を見ると網目模様のような細い線がたくさんあることに気が付くと思います。

細い線は溝でできていて、溝で囲まれた部分は盛り上がっています。この溝が「皮溝」、溝で囲まれた部分が「皮丘」、これに「毛穴」を加えた3つの要素が、キメを形成しているんです。キメの細かい肌とは、皮溝がくっきりと細く、肌の表面に凸凹が少ない肌のことをいいます。皮丘に弾力があって盛り上がっているので、毛穴もそれほど目立二ちません。

キメの細かさは遺伝的な要素が大きいのですが、そもそも日本人は、欧米人に比べてキメが細かい肌の持土ち主です。キメが細かい日本女性の肌はまるで剥きたてのたまご肌に見えます。さららに、凸凹がないぶん光をしっかり捉えて反射するので、肌そのものがレフ板のような働きをしてくれ、明るくツヤのある肌に見えるのです。

一方、フランス女性は、若い頃はキメが細かいものの、気候が乾燥していることもあり、年をとると肌表面に凸凹が目立つ「キメが粗い肌」の人が大半です。これは、白人は、うぶ毛が顔全体を覆っているので、毛穴が目立つことも理由のひとつかもしれません。

だし、キメの細かい肌というのは、季節の移り変わりや体調の変化によって、影響を受けやすいという側面もあります。

フランス人の肌質を調査した結果がありますが、角質層の水分量が低いにもかかわらず「かさつき」を自覚していない人が大半でした。これは、いつも「かさついている」ため乾燥しているといった認識がないためと思われます。

しかし、四季があって肌質の良さを実感している日本女性は、、すぐに肌の状態を察知し対応します。それが日本人のキメの細かさに繋がっているのかもしれませんね!
続きを読む≫ 2013/05/24 23:21:24
現代社会のストレスによって不眠やイライラ、気分が沈むなどのメンタル面での問題を抱えている人が最近増えています。心当たりがある人こそ、真っ先に運動することによって解消されやすくなります。。
運動は、体だけでなく脳に影響を与えています。それは、運動することで、様々なホルモンが脳内に分泌されるからと言われています。

その一つが、β-エンドルフィンというもので脳内麻薬ともいわれ、多幸感をもむたらすホルモンです。マラソン走者が気分の高揚を感じるいわゆる「ランナーズハイ」はこのホルモンによるといわれています。そして、ドーバミンも分泌されるホルモンです。これは、ワクワク感や達成感を与えるといわれいます。最後にセロトニンです。別名ハッピーホルモンともいわれ、安定感や幸福感をもたらし、これが不足するとうつ気味になると言われます。

特に気分が沈む人にはセロトニン分泌を高めるリズム感のある運動がおすすめです。ウォーキングやマシンエクササイズ、ダンスなどの心地よいリズムのある運動を、20分以上続けるとよいでしょう。しかし、あまリハードな運動でなくてよいのですが、だらだらとした動きは運動になりません。

ある程度の疲労感を感じるような運動を行つと、気分がすっきりして心も体も軽くなるのを実感できるでしょう。

仕事で疲れて運動などできないと尻込みしてしまう人も多いですが、デスクワークで脳ばかり疲れて体を使わない日々が続くことで心と体のバランスが崩れ、なかなか気持ちが前向きにならないのです。また、体を動かさないと血行が悪くなり、乳酸などの疲労物質がたまったまま抜けにくくなりますす。そのために、寝ても疲れがとれない日々が続くのです。

これでは悪循環です。疲れていても思い切って体を動かして、それからゆっくりと休むことで目覚めたときには疲れがすっきり抜けて、気分も違ってくるはすです。
続きを読む≫ 2013/05/22 23:46:22
米国FDAでは、日焼け止めのウォータープルーフという表記は好ましくないとしています。その理由は、どんな日焼け止めでも、水にさらすと効果は激減するからです。

ウォータープルーフの日焼け止めにはほとんどシリコンオイルが入っています。これが皮膜を作って水をはじきますが、そのすきまをぬって日焼け止め成分は溶けて流れてしまうのです。

日焼け止めの成分が水に弱いものである以上、そこに何かを混ぜて完全な耐水性にするということは困難です。例えば、ここにポリエステルとシルクの混合の衣類があるとします。ポリエステルは水洗いに強いですがシルクは弱いものです。そういう場合は、水洗いするとシルクの部分はいたみます。一部だけ水に強い素材が入っていても、それで全体が水に強くなるというものではありません。

これと同じように日焼け止めもプールで泳いでも皮膜を保ち続ける日焼け止めなどないので、水に入るたびにつけ直す必要があります。将来新素材でも見つかれば話は別ですが、現段階ではそのようなことは期待できません。
続きを読む≫ 2013/05/21 18:29:21